安全保障担当官

大統領より招聘メッセージが届いた場合、承諾拒否の選択が可能です。

安全保障担当官にはTNPDのトップとして司法予算の使用権限が与えられます。