油種取り扱い業

ガソリンスタンドへの燃料売却で利益を得ます。油種取り扱い業を行うにはまず油種取り扱い業務資格とトラックライセンス、燃料トラックが必須です。

採掘した原油を軽油やレギュラー、ハイオクなどに精錬して燃料トラックに積載、ガソリンスタンドでポンプに補充すれば利益になります。またガソリンスタンド毎の各油種貯蔵量によってリッター価格が変動します。売却先のリッター価格が利益を左右します